まず矯正歯科に行こう

顎変形症は矯正歯科で治す

矯正歯科で顎変形症を治療

顎変形症は下顎が飛び出ていたり、引っ込みすぎていたり、左右に歪みがあり見た目にもバランスの悪さがわかるような顎の症状で、矯正歯科で診断されます。顎は身長と同じように成長していくので、乳幼児の時はわからなかったのに、思春期ごろから目立ってくることもあります。顎変形症になる原因には、遺伝の場合もありますし、母体の中にいるときに顎の発育がうまくいかなかった等の先天的な要因によるものもあります。また、しっかり咀嚼する習慣がつかないまま指しゃぶりを続けていて、顎に影響を及ぼすこともあります。矯正歯科では、歯の矯正治療とともに顎の治療も行われているので、気になる場合は早めに受診してみましょう。

顎変形症の治療はどこですべき

顎変形症とは上顎または下顎が骨格の位置異常により、顔の変形や噛み合わせがうまくいかない状態のことを指します。よく言う、受け口とか出っ歯というのもその一つです。治療は矯正歯科と口腔外科とが連携して行うことが多いです。矯正歯科では術前と術後の矯正を行います。口腔外科では顎矯正手術を行います。また、顎の位置異常が単に、受け口とか出っ歯とかという問題ではなく、口腔内の腫瘍などが原因で起こっている場合は、それに対する手術やケアも口腔外科で行います。歯科医院の看板などをみると、矯正だとか口腔外科だとか書かれています。どこにかかるかはそれを参考にするといいでしょう。ただ、口腔外科での手術は全身麻酔を必要とすることがあるため、一般的には開業医からの紹介で病院の口腔外科にかかることが多いです。

新着情報

↑PAGE TOP