矯正歯科での手術

矯正歯科で生活を楽に

矯正歯科は保険が適用されますか

矯正歯科でいう顎変形症とは、歯並びや嚙み合わせ、顎の骨が大きく変形し、顔面の変形まで起こしている症状です。保険適用基準は「顎離断等の手術を要するものに限る。」となっています。通常、矯正歯科治療だけでの完全な治療は難しく、外科的な手術を組み合わせた矯正治療が必要です。顎のずれ、咬み合わせが悪いことは、健康を損ねる可能性があり、精神面でも患者の負担となります。手術により、咬み合せが改善すると、食物がよく咬めるようになり、口や顔の形が改善されます。また、上下顎骨の不正が改善されることにより、虫歯や歯周病などの予防をはじめとする口内環境が改善される効果が期待できます。

顎変形症とはどんな状態か

矯正歯科で行う顎変形症(がくへんけいしょう)は上あごや下あごのどちらかかその両方が骨の構造の位置がずれているとか形が非対称で大きいので、顔の形や噛み合わせが異常を起こしていることです。下あごが出ている受け口や上あごが出ている出っ歯も顎変形症です。この治療方法は一般的な矯正治療ではではあまり効果が見られないので、外科的手術が必要になります。この手術は全身麻酔で行われるもので、顎を削る手術になり、健康保険が適用できます。最近では矯正歯科によっては手術前後の矯正治療にも健康保険が適用されるところもありますので、かかりつけの歯科に聞いてみるといいと思います。

↑PAGE TOP