矯正歯科の治療期間

矯正歯科の治療期間は長め

矯正歯科の顎変形症の治療期間

現代は顎が細い人が増えているため、顎変形症で悩んでいる人が増えており、矯正歯科のクリニックで治療が受けられますが、治療期間がどれぐらい掛かるか知っておきたい人が増えています。矯正歯科のクリニックでは、最新の医療機器を使用して顎の形状を精密検査をしてくれますが、一人一人顎の状態が違ってくるので、治療期間が長引くケースも少なくありません。顎変形症の治療は、軽い程度の場合は数か月で治療が終わる場合がありますが、症状が重い場合は一年以上罹る場合があります。歯科クリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、体に負担の少ない治療が受けられます。

顎変形症について知ろう

顎変形症とは上あご、下あごのどちらかあるいはその両方の位置がずれていたり、大きさの異常によってかみ合わせや発音に異常をきたす状態のものを指します。受け口と呼ばれる下あごが出た状態のものや出っ歯と呼ばれる上あごが出ている状態のものが一般的ですが、その状態は多岐にわたります。顎変形症を治すためには手術が必要になる場合が多いです。手術前に一旦矯正をして、その後手術を行います。術後の経過を見ながら再度歯科矯正を行い、かみ合わせを調整していく流れになります。まずは自身の状態を知る必要がありますので、あごやかみ合わせに違和感がある場合は矯正歯科医院に相談することをおすすめします。尚、治療には最低でも2年から3年程度時間がかかりますので、自分に合った矯正歯科医院を探すようにしましょう。

↑PAGE TOP